2012年11月08日

飲む、打つ、買うは男の甲斐性って真実(ほんとう)なのか? オンラインカジノのお勧め

「飲む、打つ、買う」の意味は、大酒を飲む、博打(ばくち)を打つ、そして女を買う。いわゆる男が道楽の限りを尽くすことがこのように表現されるのですが、私の解釈はちょっとだけ表現が違います^^。

「飲む」
酒はいったん飲み始めると徹底的に行き着くとこまで飲む。
アルコール依存症とも呼ばれますし、それが過ぎればアルコール中毒となります。

「打つ」
カジノなどのギャンブルをすることで、これは全く楽しいです。
私がカジノに手を染めたのは、40才くらいのときで、場所はなんとスリランカのコロンボです^^。
古くは江戸時代よりの丁半賭博が有名ですね。

「買う」
赤線、青線などにある置屋で女性を買い、性交渉をする。
学生時代ですが、高知市内に置屋がたくさんあり、そこに出陣するつわものも居ました^^。

男の甲斐性とは、男はこれくらいのことが平気で出来ないと、仕事だって十分にこなせないという意味なのです。これが全く正しいとは言えませんが、ある面で、男の人生の本質を表現している言葉だと思います。
それで、政治家や官僚などの要職についている人たちの中にも、女性関係にのめり込む人が多いのでしょう。

現在、日本国内のカジノは基本的に公認されておりません。違法なのです。
新宿や新大久保に数多く点在するアングラカジノで遊べば逮捕される可能性だってあるのです。なにより、そんなことで前科を作りたくはないですよね。

それでも、「打つ」ことが三度の飯より大好きという御仁はたくさん存在いたします。
オンラインカジノというのをご存知でしょうか。
英国証券取引所に上場されているオンラインカジノ運営会社はたくさんございます。
それらのカジノは国家から正式に認可を受けた、由緒正しいカジノなのです。

インターネットの発達、グローバル化のために、これらのネットカジノでは国境を越えて遊ぶことも可能になりました。

英字新聞ブログを掲載開始してから数年が経過いたしましたが、オンラインカジノで逮捕された日本人は見かけません。当面、これらの認可を受けたオンラインカジノで遊ぶ分には問題はなさそうです。
一つだけ問題があるとすれば、それはカジノ遊びで儲け過ぎたときの税金対策くらいではないでしょうか^^。

オンラインカジノ運営会社はすべて外国のものですが、日本語化されたサイトがたくさんございます。
まずは、そちらで遊んでみるのが安全ですし、早道だと考えられます。
楽しいですよ^^。

こちらです。


日本語に対応している推薦オンラインカジノ

posted by srachai at 14:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。