2012年11月08日

宝くじ感覚で遊べるスロットマシン オンラインカジノゲームはCWC

以下はノンフィクション(実話)です。

私はこの6月で63歳になる退職者ですが、大学を卒業と同時に東京の準大手建設会社に就職しました。22歳から35歳までは国内勤務で全国各地の土木公共工事を担当しました。建設作業所の生活は土日の休みも滅多に取れないような殺伐とした状態でした。
息抜きは、夜の麻雀や花札ですが、内輪とはいいながらギャンブルには違いありませんでした。
それから競馬。重賞レースには作業所の係員はこぞって参加しました。
そして宝くじです。作業所内では一人当たり10枚、3000円を購入するのが常識となっていました。

なぜ、人はこうしてギャンブルや宝くじに熱中するのでしょうか。
職場でのギャンブルは息抜きと言うよりも格闘技に近いですね。
負ければそれで次の給料まで待つだけのみじめな生活になってしまいますから。

宝くじは、当たると思って買っている人はいないと思います。
宝くじを買ってから当選番号の発表の日までワクワクした生活が出来るのは、万が一ってことがあるからです。
宝くじは夢を買うものだという言葉がぴったりですね。
実際、宝くじを買わなかった人は作業所の中でも孤立して浮き上がるような存在だったのです。話題について行けないからなのですが、これは競馬や夜の麻雀でもまったく同じ事が言えます。

先日ネットカジノサイトを閲覧していて下の記事を発見しました。

2012年2月にワイルドジャングルカジノで驚愕のジャックポットが出ました!
その額 158万2099ドル!日本円にすると1億2600万円もの超大当たりです!!
歴史的な大当たりを出したS.Nさんはあまりの興奮に急ぎ寝ていた奥さんを起こし伝えたそうですが、「夢でしょ」と信じてもらえなかったそうです。

私は、妙に納得させられました。
これは宝くじと同じ感覚なのだなって。
宝くじ感覚で遊べるスロットマシンは、例えばそれで生計を立てることは出来ませんが、それでも夢は買えます。

私は35歳から退職するまで海外担当でしたので、この時期に本場のカジノ遊びを覚えました。
実戦カジノ歴は3年です。
今は、わざわざ外国のカジノまで出かけなくても、日本の自宅にいながら24時間カジノが楽しめるようになりました。それはネットカジノです。

オンラインカジノゲームCWC をお勧めいたします。


recent affiliate postings (最近の記事):

http://d.hatena.ne.jp/srachai/20120523/1337749413
http://sky.ap.teacup.com/srachai/603.html

posted by srachai at 14:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。